outdoors

【北アルプス2泊3日テント泊縦走登山】Day1 新穂高から三俣山荘へ  ~すすむ

2019年9月6日~8日で北アルプス2泊3日テント泊縦走登山にいつものバディと行ってきました。

3,000メートル級の夏山登山を始めてから今年で4年目となります。今回、はじめての2泊3日テント泊縦走を経験してきました。

今年は7月8月とテント泊登山をするために休みを何日かとっていましたが、ことごとく天気に恵まれず、憂さ晴らしに近くの山へ日帰り登山やボルダリングジムへ行って体を動かしてチャンスをうかがっていました。

そんな状況が続いていましたが、ようやく天気に恵まれることになりました。

【北アルプス2泊3日テント泊縦走登山】Day2-1 三俣山荘~鷲羽岳~水晶岳  ~すすむ2日目その1 三俣山荘~鷲羽岳~水晶岳を目指します。 昨夜、寝始めは寒くなかったけど、23時頃から急に寒気を感じたので、寒がりの僕...
【北アルプス2泊3日テント泊縦走登山】Day2-2 水晶岳~三俣蓮華岳~双六岳 ~すすむ2日目その2 水晶岳~三俣蓮華岳~双六岳を目指します。 快晴登山日和に恵まれた2日目、水晶岳の山頂からは2年前に歩いた表銀座縦走コ...

 

10月にソロで北アルプスの紅葉をはじめて見に行ってきました。

【紅葉求めて北アルプス岳沢、涸沢へ#1】Day1、DAY2-1 上高地小梨平キャンプ場~前穂高岳 ~すすむ2019年10月5日(土)~10月7日(月)で変則の2泊3日テント泊縦走をしてきました。9月に水晶岳・鷲羽岳・三俣蓮華岳・双六岳へ縦走し...

新穂高鍋平駐車場(無料)~新穂高登山指導センター

自宅を3時に出発して、5:30ごろ新穂高の無料駐車場に到着しましたが、案の定満車だったので、さっさと諦めて鍋平駐車場へ向かいました。

鍋平駐車場は無料の駐車場ですが、新穂高登山指導センターまでマイナス30分スタートとなります。しかも帰りはコースタイム45分の登り返し、道は普通の登山道と何ら変わりなく登山するのです。

この往復約1時間もったいないけど駐車場が空いてなければ仕方ありません。

てなことで、準備をして6:15に出発。30分で新穂高登山指導センターへ到着しました。
なかなかの青空、暑くなりそうですが登山届を提出してトイレをすまし、7:00、本日の目的地「三俣山荘」へ出発です。

わさび平小屋~鏡平山荘まで

8:10 運動不足とテン泊装備の重量のおかげで体が重くてペースが上がらない。わさび平小屋へ到着し小休止。

※わさび平小屋から10分手前の笠新道登山口の水場は、水が出ていませんでした。去年通過したときはずいぶん水が出ていたのですが・・・。

 

9:10 小池新道へ入り、いよいよ本格的な登りとなります。日差しがキツクて体力の消耗が激しい。

 

振り返ると西穂高、焼岳、乗鞍岳が見えます。

 

10:15 秩父沢出合、チボ岩、イタドリヶ原を抜けシシウドヶ原まで来ましたが、日陰もないので先に進みます。

 

それにしても良い天気。山の緑と空の青のコントラストが気持ちいい。

 

10:55 鏡平に到着。去年歩いた西鎌尾根から槍ヶ岳・・・とはいかず、残念ながら槍は雲の中でした。

 

こちらは、南岳、大キレット、北穂高岳。

 

鏡池で写真を撮り終えたあとは、鏡平山荘で持参したおにぎりと注文したラーメンで昼食をとりました。

去年・一昨年は基本的に昼食は行動食でまかなっていましたが、テント場に着く頃にシャリバテになっていてパワー不足を感じていました。そこで今年は山小屋でしっかり食べてシャリバテを解消できないかと試みました。

弓下乗越~双六小屋まで

双六小屋までは、西鎌尾根経由で槍ヶ岳へ向かった去年と同じコース。去年と同様に弓折乗越までのこの登りが今年もしんどい。日差しが首と腕に刺さる。

 

12:15 弓折乗越に到着。槍穂の山々は分厚い雲の中のまま。今日、槍は拝めそうにないかな。

 

13:10 花見平を抜けてしばらく歩くと、遂に双六小屋と鷲羽岳がしっかりと見えた。

 

写真は双六小屋から三俣方面へ少し登ったところから見下ろしたところ。

双六小屋は団体客もいてかなりにぎわっていたので、そのままスルー。本日幕営地の三俣山荘へ急ぐことにしました。

巻道ルートで幕営地の三俣山荘へ

鷲羽岳、ワリモ岳、その奥の水晶岳は雲の中。

 


14:00 雲行きがあやしいのと想像以上に疲労がたまっていたので、稜線ルートと中道ルートはやめて巻道ルートを選択しました。稜線ルートと比較するとコースタイムが40分短くできます。

このあたりまで上がってくるとスマホの電波が届くので、家族へ無事のメールをして天気と接近している台風15号の動向をチェック。

今日の天気は大きく崩れる予報はないけど、ごらんの通り怪しい空模様。台風は関東方面へ進路が傾き、この週末は北アルプスは影響なさそうで、明日の天気には期待できそうです。

 

巻道ルートはトラバースして楽に行けると思っていたけど、そんな甘くはなくてスタートしてから9時間の身体には、大小アップダウンがかなり堪えていました。

 

 

15:40 途中で雨に降られてレインジャケットを着用することになりましたが、おおきなトラブルもなく無事に三俣山荘へ到着することができました。

テン場は山荘近くは二張りできるスペースがすでになく、少し離れたところで設営。

 

実は、僕たちがテントを張り始めたとたんにザァーっと雨が降ってきて、大急ぎでテント設営をしましたが、フットプリントやインナーテントをかなり濡らしてしまいました。

急いで急いでやっと設営できたよーっと一息ついたころで、気が付けば、いつのまにかに雲がはれ青空が広がっていました。

なんちゅうタイミングでの雨なんやと思い、二人とも1日目の疲れと重なり放心状態でしたが、雨の中でのテント設営が経験できたとうこと良しとしました。

 

三俣山荘、鷲羽岳に青空。僕たちを歓迎してくれてるかのようで、疲労した体を絶景が癒してくれます。

 

明日縦走する鷲羽岳、ワリモ岳、奥に水晶岳が見えます。

テントの中から絶景を眺める

テントの中からも同じように鷲羽岳、ワリモ岳、水晶岳を望むことができました。なんという贅沢な景色。テント内で横になりながら絶景を眺めてリラックスタイムをとり、絶景を眺めながら夕食を取りました。

メニューはフリーズドライ白米、スープカレー、インスタントラーメン、レトルトのイワシ煮つけ。

 

18:30 日が落ちて、ガスが出来てました。山荘で用を済まし20時にはテントへ戻りました。

明日の天気予報は晴れ。どんな一日になるのか、ワクワクしながらシュラフへもぐりました。

・・・つづきます。

 

ABOUT ME
susumu
自然素材の家に暮らしながら、「僕のおもちゃ」であるマイホームを素人DIYを駆使して 庭づくり&家いじりを楽しんでます。また、山登りやキャンプなどのアウトドアも好きです。そんな様子を発信中!