outdoors

【北アルプス2泊3日テント泊縦走登山】Day2-1 三俣山荘~鷲羽岳~水晶岳  ~すすむ

2日目その1 三俣山荘~鷲羽岳~水晶岳を目指します。

昨夜、寝始めは寒くなかったけど、23時頃から急に寒気を感じたので、寒がりの僕はダウンパンツ、ダウンジャケットを着こんでシュラフに再び入っていました。

2時ごろにも目が覚めてからは寝付けず、空の様子を眺めてみると満点の星空。明日の好天を確信してゴロゴロして朝を迎えました。

起床は予定通り4時。朝食はモンベルのフリーズドライ「リゾッタ」。普通のフリーズドライの白米系はお湯を入れてから、出来上がりまで15分程度ですが、リゾッタはお湯を入れてからアツアツのご飯が3分で出来上がり。今回は梅しそ、あっさり味で山の朝にはもってこいの欠かせないアイテムとなっています。

朝食を終えてアタックザックに荷物を詰め込み、北アルプス深部の山頂を目指し、まずは鷲羽岳へ向かいます。

【北アルプス2泊3日テント泊縦走登山】Day1 新穂高から三俣山荘へ  ~すすむ2019年9月6日~8日で北アルプス2泊3日テント泊縦走登山にいつものバディと行ってきました。 3,000メートル級の夏山登山を始...
【北アルプス2泊3日テント泊縦走登山】Day2-2 水晶岳~三俣蓮華岳~双六岳 ~すすむ2日目その2 水晶岳~三俣蓮華岳~双六岳を目指します。 快晴登山日和に恵まれた2日目、水晶岳の山頂からは2年前に歩いた表銀座縦走コ...

 

Day2 まずは百名山 鷲羽岳2,924mへ

5:00 三俣山荘前、東の空が徐々に明るくなっていきます。マジックアワー、言葉では表すことができない空の色。感無量のひとときです。

 

昨日は一回も槍の穂先を見ることは出来ませんでしたが、二日目の今日はスタートから双六岳まで穂先を見ることができました。

 

尾根の急登手前で振り返る。朝日を浴びた三俣蓮華岳に三俣山荘。緑に包まれた心地いい山小屋です。黒部源流域が水が豊富なのもうなずけます。

急登からは落石に十分注意して進みます。

 

中央 槍ヶ岳と右手に双六岳。

 

6:00 朝日に照らされた鷲羽岳の陰影がクッキリと。なんてすばらしいんだろう。

右に黒部五郎岳、左に三俣蓮華岳、そして中央奥に先月日帰り登山した白山まで一望できました。

【白山 平瀬道 その1】岐阜県側より日帰りピストン登山 ~すすむ単独テン泊縦走計画から日帰りピストンへ変更 8月4日日曜日に霊峰白山へ登ってきました。急遽計画を変更して、はじめての白山への登山でした...
【白山 平瀬道 その2】岐阜県側より日帰りピストン 雪渓、お花畑 ~すすむ8月4日(日)に霊峰白山へ登ってきました。日帰りで夏山を楽しめるところを探し、単独で岐阜県側の平瀬道登山口からの登頂。お池めぐりや雪渓の...

 

眼下には山頂直下南東側に火口湖の鷲羽池があります。山深いアルプスの最も奥深い山上の池。日常からはなれた別天地でした。

そして、うっすらと富士山が。(穂先から北鎌尾根をくだり独標から落ち込んだ付近に)

 

6:18 鷲羽岳2,924mへ登頂。山頂は僕ら二人で貸し切りです。ここまであがると富士山も遠くによく見えました。まさか北アルプスの深部で富士山まで見えるとは思ってもいなかったので、ほんとラッキーでした。

 

穂高連峰、焼岳、乗鞍岳、御嶽山に双六岳に笠ヶ岳。三俣蓮華岳に黒部五郎岳に白山名立たる名峰が一望できるなんて。

こんな絶景に出会えるから、ますます山の魅力にはまってしまいます。

 

ダイヤモンド鷲羽。

 

雲の平山荘もしっかり確認できました。

 

天空トレイルで百名山 水晶岳2,978mへ

鷲羽岳からワリモ岳を越えて、黒岳とも呼ばれる水晶岳を目指します。水晶岳の直下までは特段に危険なところはありませんでした。

 

7:40 水晶小屋の少し手前から振り返る。鷲羽岳からの気持ちいいトレイル。ずいぶん進みました。

しかし、良い天気。日差しがキツいため、忘れずに数時間おきに日焼け止めを塗ります。

 

日本最後の秘境と呼ばれる「雲の平」がしっかりと見えてきました。

水晶岳 岩稜帯の核心部~登頂

水晶岳の山頂直下からは、岩稜帯に様変わりします。今回、山頂部が岩稜帯と知らずルートの勉強不足があったことを実感し反省です。個人的には西穂高ほど長くはありませんが同等レベルのコース難度だと思います。

結果的には事故もなく想定外の岩登りが出来て満足できたけど、登山計画時に危険個所を見落としていたことはしっかり反省して、次の登山計画に活かしていきたいと強く感じました。

 

8:20 遂に今回の目的地、水晶岳に登頂です。水晶岳と言われる由縁のとおり、山頂付近の岩々は水晶が含まれてキラキラを輝いていました。

ずいぶん遠くまで来たものです。北アルプスのど真ん中。360度の大パノラマ。我ながらよく頑張ったな~!

 

こちらは、読売新道と赤牛岳。その奥には立山連峰が見えます。

 

正面に薬師岳、眼下には日本一遠い温泉地と呼ばれることがある高天原が。高天原山荘から温泉までは1キロ弱らしい。いつかは行ってみたいね。

 

忘れずに水晶岳の三角点へ

水晶岳の三角点は、標識のある2,986mの南峰ではなく、その奥の北峰2977.9mにあります。写真の人が見える奥のピークが標識のある南峰。

次にいつ来るか、二度と来ないかもしれないので、忘れずに北峰へ行き三角点にタッチしました。

いつまでも時間を忘れて景色を眺めていれますが、今日の幕営地は双六小屋。のんびりはしていられないので先に進みます。

・・・つづきます。

 

ABOUT ME
susumu
自然素材の家に暮らしながら、「僕のおもちゃ」であるマイホームを素人DIYを駆使して 庭づくり&家いじりを楽しんでます。また、山登りやキャンプなどのアウトドアも好きです。そんな様子を発信中!