outdoors

【北アルプス2泊3日テント泊縦走登山】Day3 双六小屋~新穂高へ ~すすむ

3日目の最終日は、双六小屋から新穂高までの下山です。昨日は、快晴に恵まれた最高の1日でした。

【北アルプス2泊3日テント泊縦走登山】Day1 新穂高から三俣山荘へ  ~すすむ2019年9月6日~8日で北アルプス2泊3日テント泊縦走登山にいつものバディと行ってきました。 3,000メートル級の夏山登山を始...
【北アルプス2泊3日テント泊縦走登山】Day2-1 三俣山荘~鷲羽岳~水晶岳  ~すすむ2日目その1 三俣山荘~鷲羽岳~水晶岳を目指します。 昨夜、寝始めは寒くなかったけど、23時頃から急に寒気を感じたので、寒がりの僕...
【北アルプス2泊3日テント泊縦走登山】Day2-2 水晶岳~三俣蓮華岳~双六岳 ~すすむ2日目その2 水晶岳~三俣蓮華岳~双六岳を目指します。 快晴登山日和に恵まれた2日目、水晶岳の山頂からは2年前に歩いた表銀座縦走コ...

体調不良の朝

体が疲れすぎていたせいなのか、夜はしっかりと寝ることが出来ませんでした。1日目の夜が寒かったこともあり、2日目の夜も寒くなるだろうと予測して着込みすぎたことも要因かもしれない。

起床予定時刻の4時から荷物を片付け出すけど、寒気と吐き気がする。しかも朝から下痢。体調は絶不調。

 

僕の体調はよそに今日の天気も良さそうだ。(写真は双六小屋から鷲羽岳方面)

無理やりカロリーを摂取してスタート

今日は下山するだけと言っても、6〜7時間は歩かなくてはいけないので、「食べなければ歩けないぞ」と自分に言い聞かせて、無理やりシリアルバーを半分くらい流し込んでカロリーを摂取しました。

5:30 寒気がするのでTシャツの上にロンT、ウィンドシェル、レインジァケットを着込んで下山開始。バディはTシャツにウィンドシェルのみ。

3日目も絶景に癒されながら新穂高へ

少し登り返したところで西鎌尾根から朝日が昇ってきた。

 

今日も槍ヶ岳がきれいに見えます。絶景が体調不良の気分を紛らわしてくれました。

 

6:20 弓折乗越までなんとかこれました。昨日はここでザックをデポして弓折岳までピストンする計画をしてましたが、僕は断念してバディひとりで行ってもらいました。

 

7:10 鏡平山荘に到着。鏡池で小休止しました。鏡池には、きれいに鏡槍が写ってました。

このころになると汗をかいたおかげか、吐き気も止まり体調が回復してきたので行動食をしっかり食べて、後半の下りに備えました。

 

10:25 その後も小休止を挟みながら順調に進み、新穂高登山指導センターへ到着。下山届を提出しました。体調もいつのまにか回復。

最後の難関、鍋平駐車場へ

ここからが最後の難関、鍋平駐車場までの登り返しです。去年も双六小屋から西鎌尾根、槍ヶ岳から新穂高まで来て、最後の鍋平までの登り返しに悲鳴をあげていたのを思い出します。

ザックをデポして車を取りに行けば良いのですが、鍋平駐車場だけはスタートしたところまでザック担いで帰ってこその縦走完了だと、なぜだか変なこだわりが僕ら2人にはあるのです。

 

11:00 今年も最後の力を振り絞って、35分かけて頑張って登りました。これで達成感もひとしおです。

下山後はお決まりのルーティーンで

まずは3日間の汗を流すべく平湯温泉「ひらゆの森」へ。

去年までならモンベル会員特典でタオルをもらえてたのが、提携解消してタオルがもらえませんでした。残念。

 

温泉入ってスッキリした後は、高山まで戻り食事処「鳥海」でお腹を満たしました。ボリュームのある定食に更にご飯と味噌汁おかわり自由で最高のメニューとなっています。

まとめ 動画あり

活動距離 46.6km  高低差1,949m  累積標高4,062m

今シーズンなかなか天気に恵まれずに鬱憤がたまっていましたが、今回、人生初の2泊3日テント泊縦走登山は、活動距離や累積標高も自己最高となり、自分自身がまた少し成長できた登山になったと思います。また、最高の天気に恵まれて、絶景をじっくりと味わうことができて、大満足の結果となりました。

夏山シーズンものこりわずか、次のチャンスを活かせるように登山計画を練りたいと思います。

ABOUT ME
susumu
自然素材の家に暮らしながら、「僕のおもちゃ」であるマイホームを素人DIYを駆使して 庭づくり&家いじりを楽しんでます。また、山登りやキャンプなどのアウトドアも好きです。そんな様子を発信中!