outdoors

最高の稜線トレイル【鈴鹿山脈】竜ヶ岳 中道~遠足尾根の周回ルートへ急遽変更  ~すすむ

2019年10月20日(日)、通行止めによりアクセス不可となり計画変更で鈴鹿セブンマウンテンのひとつ、竜ヶ岳1,099mへバディと二人で登ってきました。

山登りをはじめてから、毎年1回は必ず竜ヶ岳に登っていますが、その魅力はなんといっても低山でありながら山頂付近の笹原に走る稜線トレイル

今年は2回目の竜ヶ岳。はじめて中道ルートをつかってみました。

朝明渓谷方面、鈴鹿スカイラインが通行止め

当初計画は、朝明駐車場からの周回ルートを予定していました。

朝明→根の平峠→クラシ→イブネ→杉峠→雨乞岳→東雨乞岳→沢谷峠からの尾根道→御在所岳→ハライド→朝明。

しかし、朝6時前に三重県民の森から朝明渓谷方面に行こうとすると、通行止めが!

昨日も結構雨が降ったみたいだけど。朝明からなスタートは諦めて、鈴鹿スカイラインの御在所岳中道方面へ向かう。またもや、湯の山かもしか大橋分岐のところで大雨のため通行止め!旧道から中道駐車場へ向かうもやっぱり通行止め。

今回の周回ルートは諦めて、竜ヶ岳へ向かったのでした。

※翌日に通行止めを確認してみると、8時に解除されていました。なんだよ〜って思いまさしたが、竜ヶ岳でも十分楽しめたので、今回やめた計画は次の機会にチャレンジします。

 

静かなトレイルを満喫 【鈴鹿山脈】御在所岳-雨乞岳の武平峠周回ルート イブネ3月に痛めた右足もようやく完治の兆し。2019年6月1日、天気良し、体調良し、ということで鈴鹿山脈の御在所岳1,212m~雨乞岳1,23...
【鈴鹿山脈】ヒル回避!6月下旬梅雨時の御在所岳・鎌ヶ岳を縦走 ~すすむスッキリとしない天気が続く6月下旬(2019.6.23)、雨は降らないだろうということで、ヒルの多い鈴鹿関係の中でも比較的ヒルの被害が少...
【白山 平瀬道 その1】岐阜県側より日帰りピストン登山 ~すすむ単独テン泊縦走計画から日帰りピストンへ変更 8月4日日曜日に霊峰白山へ登ってきました。急遽計画を変更して、はじめての白山への登山でした...

宇賀渓(竜ヶ岳)登山マップ


非常にスマートな姿をした山で、山頂一帯は平原が広がり、ササの仲間が多く見られます。秋はススキがとても美しく、眺望がすばらしいです。
御所滝・魚止滝・燕滝・五階滝・長尾滝等、多くの滝があります。

(引用:宇賀渓(竜ヶ岳)登山マップ-いなべ市)

主なルートとしては、表道・中道・金山尾根・遠足尾根があります。

竜ヶ岳 中道ルート〜山頂へ

6:45 宇賀渓観光案内所の駐車場へ。鈴鹿スカイラインなとが通行止めになった影響もあるのか、早朝から混雑してました。

 

本日も愛車78プラドで出動しています。駐車場から竜ヶ岳山頂(写真中央の奥)が見えます。駐車場でも風が強く吹いてので、山頂は間違いなく強風でしょう。

 

7:10 スタート。まずはアスファルトの道を進み金山尾根分岐を目指します。
登山道は目印や標識がしっかりあるので、迷うことはありません。

 


7:30 金山尾根分岐から長尾滝方面へ。

 

7:42 5階滝を通過。

 


7:47 長尾滝と中道ルートの分岐。ここを右手側の中道コースへ。

 

7:52 しばらく進むと沢に出ます。ここから中道尾根取付点まで沢沿いを登ります。

 


7:56 砂防ダムのタラップを登ります。変化があって、なかなか楽しませてくれます。

 


8:03 またもや砂防ダム。今回のタラップはロングです。

 


上から見ると・・・なかなかの高さ。

 


三点支持で確実にホールドして登ります。

 


中道尾根取付点からは急登(写真の赤マル部)です。言葉には出さないがバディとどちらが弱音を吐くかを競いながらペースを落とさずに一気に登っていきました。

 


8:42 ゼーゼーいいながら、ようやく見晴らしのいいところまで上がってきました。
スタート地点の駐車場から伊勢湾、知多半島まで一望できます。

 


8:51 竜ヶ岳といえばこの景色。やっぱテンション上がりますね。気持ちいい!

竜ヶ岳 山頂へ


山頂までもう少し。

 


隣の尾根は、帰りにつかう遠足尾根です。シロヤシロが色づきはじめています。

 

9:00 竜ヶ岳1,099mへ登頂。

 


予想通り山頂は強風が吹き荒れていました。じっとしてると冷えてくので、休憩もせずに写真を撮影して遠足尾根で下山します。

山頂~遠足尾根~下山

気持ちいい稜線!安全に走れるところは、走って降りていきました。

 


この景色、いつ見ても絶景ですね!

 

巨大株杉の群生地、【蕪山】ファミリー登山からの【モネの池】へ2019年5月。岐阜県関市にある標高1,069mの蕪山(かぶらやま)。蕪山といえば株杉。あの有名な「モネの池」からも近く、どちらも一度は...

 

まとめ


やっぱり竜ヶ岳はいつ来ても気持ちいい稜線を味わえるところでした。今回はじめて中道ルートで登りましたが、沢沿いで砂防ダムの滝を見たり、タラップを登ったりと変化にとんだ楽しいルートを経験することができて、とても楽しかったです。

これだから初めてのルートは新たな発見があって楽しい。

結局、休憩もとらずに水分補給だけで遠足尾根を駆け下りて、スタートしてから3時間8分で駐車場に戻ってきました。体力がまた少しアップしたような・・・、自分の成長を感じれて、なおかつ達成感と充実感が更に満たされました。

ABOUT ME
susumu
自然素材の家に暮らしながら、「僕のおもちゃ」であるマイホームを素人DIYを駆使して 庭づくり&家いじりを楽しんでます。また、山登りやキャンプなどのアウトドアも好きです。そんな様子を発信中!